読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#周回用メモ

FGO,パズドラ,ポケモンGO,白猫プロジェクトといったスマホゲーについての記事多めです。

ポケモンGOでドローンを使うことについての是非

ポケモンGO

散々プラレールアゲ、ドローンサゲをする

逆にドローンアゲをする

あれっドローンどうだろう←今ここ

 

 

数日振りの更新で新たに発覚したドローンの欠点がある。バッテリーの駆動時間だ。

具体的に言うとおおよそのドローンは駆動時間が7〜10分以内。7〜8km/hを基準に考えても圧倒的に時間が短く距離を稼げないのである。

7[km/h]×7[h]/60=49[km]/60≒0.82[km] と、1周あたりにしてペンペン草も生えないような距離しか稼ぐことができないことが判明した今、我々が利用すべき手段とは何か。

 

最後の手段、ラジコンカーである。

ラジコンカーとは子供向けから大人向けまであらゆる価格帯とモデルが存在する玩具である。

今回注目したいのはその駆動時間と安定性、そして種類の豊富さだ。

 

近くの電気店,大型量販店にでも足を運ぶとすぐに見つけられるラジコンコーナー。ラジコンコーナー、とあえて言ったのは最近のラジコンコーナーではラジコンカーやちゃっちいプロペラ機だけでなく、ドローンすら備えている店舗もあるためだ。

値段はピンキリで、Amazonでラジコンカーのみ絞って検索すると1500〜16000円ほどの商品もあり選ぶ前に探すのに一苦労といった豊富さだ。流石Amazon先生。

 

今、我々がポケモンGOをプレイするにあたってラジコンに求める要素は何か。

 

.10km/h以内での走行が可能

.長時間の走行を可能とする

.頑丈

.水溜りなどに強い

.公園でも難なく走れる

.なるべく安価で済ませられる

 

この辺だろうか。

話によると安価過ぎるラジコンカーは速度の調整がきかないという。確かに幼い頃遊んだラジコンカーは室内で使うにはあまりに速く、壁に激突することも少なくなかった。正直あれのせいで遊ぶ期間が短くなった思う。速度制限も考慮すると変速が可能な製品を選ぶことはスマホの安全のためにも必須であると言える。

 

というわけで、上記の要素を満たすラジコンカーを購入したいと考えている。失敗に終わらないことを祈るばかりだ。